post

天才ハッカーが登場する4つのおすすめ作品

ある程度パソコンが使える人なら一度はハッカーやプログラマーという存在に憧れてしまいますよね。そんなハッカーやプログラマーを題材にした作品に刺激を受けてプログラマーやハッカーを目指す人も少なくありません。

そこで今回は、天才ハッカーやプログラマーたちが活躍するおすすめ映画と漫画を紹介します!

天才ハッカーが登場するおすすめ 映画

まずは、映画から紹介していきます。邦画と洋画のおすすめを1つずつに絞ってみました。すでにご覧になっている方もいると思いますが、内容をあまり覚えていないのであれば、改めて観ても楽しいタイトルだと思います。

【洋画】ドラゴン・タトゥーの女

2011年公開の大ヒット映画『ドラゴン・タトゥーの女』は、記者であるミカエルが、ドラゴン・タトゥーの天才的な捜査能力を持つハッカー・リスベットと協力し、40年前の殺人事件の犯人を見つけるという任務を遂行するミステリー映画です。リスベットが当時のMacを駆使しているハッキングシーンとプログラミングシーンは、リアルな感じで「かっこいい」の言葉しか出ません!

本作では、『007』でおなじみのダニエル・クレイグさんが主人公のミカエル・ブルムクヴィスト役を演じ、天才ハッカーのリスベット・サランデル役をルーニー・マーラさんが完璧に演じました。

【邦画】クロガラス1

2019年公開の『クロガラス1』は、崎山つばささん、植田圭輔さん、最上もがさん、西川俊介さんの豪華キャストが集結したアクションエンターテイメント映画です。

新人ホストである主人公・和輝が、自分の常連客であった舞衣の多額のツケのせいで、解決屋『クロガラス』を営む3人に助けを求めるところから物語が始まります。解決屋のメンバーの1人が凄腕女性ハッカーの日菜で、日菜がハッキングしているシーンでは、トロイの木馬に感染させてコンピューターを乗っ取っているものもあり、セキュリティの甘さを指摘されますね。皆さん、コンピューターを購入したら、とりあえずセキュリティソフトを入れておきましょう!

天才ハッカーが登場するおすすめ漫画

映画派ではなく原作派という方のために、天才ハッカーが登場するおすすめ漫画も紹介します!

王様達のヴァイキング

『王様達のヴァイキング』は、マンガ大賞2015にもノミネートされている大人気の社会漫画です。勉強、人間関係や常識など全ての事が出来ない天才ハッカーの是枝一希と、IT業界で成功を収めたエンジェル投資家の坂井大輔がIT業界を舞台に、悪質なハッキングを行うクラッカーと闘うストーリーです。

この漫画の最も面白い点は、普通だとあまり詳しく書かれていないプログラミングなども、本物っぽく専門用語を使って描かれているところです。また、「ハッカー」と「クラッカー」の違いを明確に説明してくれるので、コンピューター詳しくない人には勉強になる漫画だと思います。なお、ハッカーである主人公が、クラッキングをしてしまうことがあるのですが、実際にクラッカーの視点を学べるということもあり、プログラミング初心者にはモチベーションが上がる作品だと思います。

ブラッディ・マンデイ

『ブラッディ・マンデイ』は、週刊少年マガジンコミックスの人気サスペンス漫画です。2008年には故・三浦春馬さん主演でドラマ化もされています。(※興味がある方は、三浦春馬さんに関するまとめ記事もご参照ください)

主人公の藤丸は、16歳の高校生でありながら、公安調査庁の捜査に協力する正体を隠した天才ハッカーの「ファルコン」です。「ファルコン」のハッキング能力によって公安調査庁が獲得した情報をもとに、国家転覆を狙うテロ計画を食い止めましたが、まあまだテロリストとの戦いは続きます。ストーリーの展開はすごく面白く、話が進むにつれて引き込まれていく作品になっています!

最後に

気になる作品に出会えましたか?「天才プログラマー」や「天才ハッカー」という言葉だけが先行していた時代もありましたが、近年では臨場感を持っているストーリーが増加しており、観る楽しさが倍増しています。紹介した作品たちはどれも面白いので、ぜひチェックしてみてください!